奇跡を信じて未来を変える方法

未来を変えるには奇跡を信じる事から始まります。成功者はみんな奇跡を信じることから始めました。

広島の厳島神社のおみくじ(不思議な運や奇跡の話)

 

元々のおみくじは、国の祭事や政治、後継者を定めるためにつかわれた「クジ」が由来だとされています。神仏のメッセージをお聞きするもので、現在のようなさまざまなことを占うおみくじを考案したのが、元三慈恵大師良源上人だといわれています。

さまざまな占いがありますが、生年月日がわからなくても、霊感がなくても、誰かに占ってもらわなくてもときには不思議なほど未来を知ることができる占い、それがおみくじだと思います。

 

広島の厳島神社のおみくじ

 

私が日本各地の神社に参拝をし始めた頃、広島の厳島神社に参拝にいきました。

拝殿に入ると白い木箱におみくじが入っていました。木箱にはとくにかわったようすはみられません。

いつものようになにも考えずにぼんやりとおみくじをひいて、読みましたが、なんとなくピンときません。

 

ピンと来ない内容

いちど木箱から少し離れて、「どうか、おみくじでお導きのお言葉をください」と祈り、再び木箱のまえに戻りますと、なんと木箱のわずかな隙間からひとつだけおみくじが、はさまっているのがみえました。

さきほどみたときになかったおみくじです。まさに奇跡がおきたと思いました。

 

おみくじの作法

のおみくじをいただいて読みますと、現在の状況と未来のことが書かれてあり、ストレートに心のなかに入ってきたのでした。ほかのおみくじは毎年、神社でお焚きあげをしていますが、このおみくじだけは今も大切に残しています。

 

おみくじで占う場合は、礼儀作法を守って参拝し、おみくじをいただくまえにはどうかお導きをくださいと祈ってからいただくと、必要としているお言葉が書かれたおみくじをいただくことができるでしょう。

 







-本当にあった話
-, , , , , , , ,

関連記事

低い運気のときの考え方(占いに関する話)

  占い相談を受けていますと、運気がダウンしていく年や月にはいると、不思議と自然に、後に自分自身にとってネガティブな人と出会いがある。なぜか凶方位にいくことが多くなるなどの、自分自身のツキを …

「プラシーボ効果」(不思議な運や奇跡の話)

    プラシーボ効果とは、ふつうの栄養剤を、とても効果のある薬だと話して服用してもらうと、不思議と薬を服用したときのような効果があらわれるときがあるというものです。 逆のケースだ …

「宿曜占星術の相性占い」(占いに関する話)

空海が、日本に密教の仏典を持ち帰ったなかのひとつが宿曜経です。 宿曜占星術は、真言密教の経典である「宿曜経」の名前に由来しています。 未来を占うこと、人間関係を占うこと、自分自身の個性、適性も知ること …

「相性について」(占いに関する話)

相性は、姓名判断のある先生がお話している、「相性とはつくりあげていくものである」というお言葉に尽きるように思います。           Conten …

姓名判断の不思議(占いに関する話)

  姓名判断は古来からとても良く当たる占術とされ、不運を払う第一歩は名前を変えることであるとさえ言われて来ました。 事実、戦国武将などはその出世に合わせて次々と名前を変えて新しい運命を手中に …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.