奇跡を信じて未来を変える方法

未来を変えるには奇跡を信じる事から始まります。成功者はみんな奇跡を信じることから始めました。

広島の厳島神社のおみくじ(不思議な運や奇跡の話)

 

元々のおみくじは、国の祭事や政治、後継者を定めるためにつかわれた「クジ」が由来だとされています。神仏のメッセージをお聞きするもので、現在のようなさまざまなことを占うおみくじを考案したのが、元三慈恵大師良源上人だといわれています。

さまざまな占いがありますが、生年月日がわからなくても、霊感がなくても、誰かに占ってもらわなくてもときには不思議なほど未来を知ることができる占い、それがおみくじだと思います。

 

広島の厳島神社のおみくじ

 

私が日本各地の神社に参拝をし始めた頃、広島の厳島神社に参拝にいきました。

拝殿に入ると白い木箱におみくじが入っていました。木箱にはとくにかわったようすはみられません。

いつものようになにも考えずにぼんやりとおみくじをひいて、読みましたが、なんとなくピンときません。

 

ピンと来ない内容

いちど木箱から少し離れて、「どうか、おみくじでお導きのお言葉をください」と祈り、再び木箱のまえに戻りますと、なんと木箱のわずかな隙間からひとつだけおみくじが、はさまっているのがみえました。

さきほどみたときになかったおみくじです。まさに奇跡がおきたと思いました。

 

おみくじの作法

のおみくじをいただいて読みますと、現在の状況と未来のことが書かれてあり、ストレートに心のなかに入ってきたのでした。ほかのおみくじは毎年、神社でお焚きあげをしていますが、このおみくじだけは今も大切に残しています。

 

おみくじで占う場合は、礼儀作法を守って参拝し、おみくじをいただくまえにはどうかお導きをくださいと祈ってからいただくと、必要としているお言葉が書かれたおみくじをいただくことができるでしょう。

 







-本当にあった話
-, , , , , , , ,

関連記事

あなたは大丈夫?四柱推命の一例(占いに関する話)

  占いをしてもよい結果ではないことも多々あるものです。 悩んでいるから占い相談をされるわけですから、多くは運気が低迷している場合が多いものなのでしょう。     Contents …

「世代を占う天王星」(占いに関する話)

  太陽系のなかで三番目に大きい惑星が天王星です。 西洋占星術のなかの天王星は、世代を占うことができる星ともいわれています。 世代でいえば、天王星は約7年ごとに星座宮をうつりますが、たとえば …

「夢占い」(占いに関する話)

  夢占いとは少し異なるかもしれませんが、旧約聖書には、預言者といわれる方が、王族の夢を解いて、神さまからのメッセージだと伝えています。奇跡的な内容の多い聖書のなかでも、夢についての記述がい …

月の運行(不思議な運や奇跡の話)

  明治時代以前までは日本は太陰暦、月の運行で暦が運用されていました。 その内容は多岐に渡り農業の種まきから布団の虫干しの日まで決まっており、人間にとって健康的な生活が営めるように一つの指針 …

祈れば届く?(不思議な運や奇跡の話)

    占いを学ぶなか、ただ過去や未来、相性などを知るだけでよいものかと思いました。 さまざまな開運法を知っていくなかで、風水も学びました。 開運の帝王といわれるだけあって、風水は …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.