奇跡を信じて未来を変える方法

未来を変えるには奇跡を信じる事から始まります。成功者はみんな奇跡を信じることから始めました。

「六爻占術」(未来を変えるきっかけとなる話)

私もいろいろな占術を学んできましたが、「六爻占術」は不思議な占術だという感があります。

六爻占術は、易のような感じもする東洋占星術のひとつだと思われますが、寅さんという方が、奇跡的な偶然によって、古来の占いを発見し、進化させたといわれている占術です。

テキストも高価で、マスターするのにたいへん時間がかかりそうですが、私もいつかマスターしたいと思っている占術のひとつです。

 

 

六爻占術の特徴

 

六爻占術のひとつとして、病気になったとき、トラブルに遭遇したさい、コインで卦をだし、卦からみいだされた方法でそれらのトラブルを解決できてしまうというものがあります。

万能ではないようですが、たとえば、依頼者が病気になったときに、卦をだし、生きている決められた数のウサギを購入し、檻のなかで飼っておき、所定の位置に置いておきます。

すると、ウサギは突然死んでしまうのですが、人の病気も治ってしまうという、まさに奇跡的な修法もある占術です。ただし、今は作り物の十二支の人形で対応しているそうです。

 

 

運命に身代わりはある?

 

私は運命というものを考えはじめた頃から、誰かが、あるいはなにものかが、体験すべき事柄を身に受けなければならないというのが、地球世界の法則なのだと考えてきましたが、やはり、生きた動物、ないしは人形が肩代わりをしないと、その事柄は解消しないようです。人形もいちど使用したら使えないそうです。

また、六爻占術で鑑定中、どこからか笑い声が聞こえてきたら、(テレビでもよいです)その相談は近未来において、よい方向に向かう。成就するとみます。もちろん、泣き声が聞こえてきたら、相談内容は悪しき方向に進むとみます。環境の状況だけで鑑定できてしまうことです。

 

現象に現れる結果

 

このことは、とくに占いを知らなくても、誰でも大まかですが、答えを知ることができるということでもあります。

 

幸せを呼び込む法

 

では環境をよい兆しとなるように仕組んでおけば、よい方向に進むのではないかと考えました。たとえば、携帯のモーニングコールで、誰かの笑い声にしておく。笑いで目覚める。携帯の着信音にもそんな気遣いをして、幸せな運を呼び込む方法もありますね。

 

 

 

 







-本当にあった話
-, , , , , , , , , ,

関連記事

不思議な電話占い(占いに関する話)

  占いに関する話2 電話は相談者とのつながりを短時間で築ける占い方法です。 対面鑑定では、相談者が緊張して、ときにはうまく気持ちや相談内容を伝えきれないこともあります。 メール占いでは時間 …

恋の未来を知るもっとも大切な意味(占いに関する話)

  恋占いなどで鑑定してもらった時に「二人は別れます」などと言われるとそれだけでガッカリしてしまい食事も喉を通らなくなってしまう人がいます。周りに八つ当たりをしたり、中には自殺してしまう人も …

「死の予感」(不思議な運や奇跡の話)

知人から聞いたお話です。 知人の知り合いの青年が、20代で車の事故によって亡くなられたのだそうです。 その青年は、一年前くらいから、来年のことや将来のことを思ったり、考えられなくなっていたそうです。青 …

「世代を占う天王星」(占いに関する話)

  太陽系のなかで三番目に大きい惑星が天王星です。 西洋占星術のなかの天王星は、世代を占うことができる星ともいわれています。 世代でいえば、天王星は約7年ごとに星座宮をうつりますが、たとえば …

「占いと健康運」(占いに関する話)

  6ハウスというのは、「おとめ座」の定位置です。 6ハウスは、健康や奉仕、労働などの意味がたくされています。         Contents1 星 …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.