奇跡を信じて未来を変える方法

未来を変えるには奇跡を信じる事から始まります。成功者はみんな奇跡を信じることから始めました。

恋の未来を知るもっとも大切な意味(占いに関する話)

 

恋占いなどで鑑定してもらった時に「二人は別れます」などと言われるとそれだけでガッカリしてしまい食事も喉を通らなくなってしまう人がいます。周りに八つ当たりをしたり、中には自殺してしまう人もいたりします。

 

 

 

 

恋、その苦しさゆえ

 

 

 

それだけ今の恋愛に本気であるというのはよくわかります。そして苦しい恋であるからこそ占いに頼ってまでその結末を知りたいと思うのでしょう。

 

あんなに情熱的に人を愛してその見返りがないなんてことはないはず」と思って何回もいろいろな鑑定に相談される方も多くいらっしゃるようです。

 

しかし二度目の占いは「卦を汚す」と言われ当たらないばかりか運気も落としてしまうことがあるようです。それを考えると「なぜ別れると言う鑑定なのか?」を考える必要があります。

 

 

幸運と不運は互いに

 

 

運命は一本の縄のように吉凶が混ざり合い互いに影響を及ぼします。

その中で不幸だと思っていたことが実は幸運だったり、幸運だと思っていたことが実は大きな災いだったりすることがあります。

幸せと思った結婚が家庭内暴力の巣窟になってしまったり、素敵な恋愛と思った相手がトンだ裏切りに走ることもあったりしますよね。

 

 

人生万事塞翁が馬

 

 

中国の故事でそういった変わり続ける運を指して「人生万事塞翁が馬」と言いました。

 

一頭の馬が逃げ出した家の主人は「これはきっと幸運となるに違いない」といいました。

 

その後、逃げた馬はたくさんの馬の群れを引き連れて帰ってきました。それを見た近隣の人たちは「なんという幸運だ」といいました。

 

主人はそれを見て「これはきっと不運の前触れに違いない」といいました。

するとその馬に乗った息子が落馬し骨折しました。近隣の民は「なんという不運なことだ」と口々にいいました。

 

それを見た主人は「これはきっと幸運となるに違いない」といいました。その後、その地域は戦争になり若者は戦地に送られました。しかし息子は骨折していたため戦地に行くことなく済んだのでした。

 

 

出会いにもっとも必要なのは今の不幸を手放すこと?

 

 

今の彼と別れることは辛いですが、その結果新しいもっと素敵な彼が現れることもありうるのです。

その一番最初にある「別れ」を占いが射当てたとしたら、悲観する必要はあるのでしょうか?

 

むしろ率先して今の叶わぬ恋に見切りをつけた方が幸せになれると思いませんか?

逆に今の苦しい恋愛に留めおくような占いだったらその占いの意味はなんでしょう?

 

 

不幸と気づいて手放す勇気

 

 

信じるものは救われるといいますが、不運を幸運の糧にすることが人生を幸せに生きる秘訣です。

 

占いを幸せのために使う人はすなわち幸せに近づけるということになります。







-本当にあった話
-, , , , , , ,

関連記事

あなたは大丈夫?四柱推命の一例(占いに関する話)

  占いをしてもよい結果ではないことも多々あるものです。 悩んでいるから占い相談をされるわけですから、多くは運気が低迷している場合が多いものなのでしょう。     Contents …

広島の厳島神社のおみくじ(不思議な運や奇跡の話)

  元々のおみくじは、国の祭事や政治、後継者を定めるためにつかわれた「クジ」が由来だとされています。神仏のメッセージをお聞きするもので、現在のようなさまざまなことを占うおみくじを考案したのが …

「夢占い」(占いに関する話)

  夢占いとは少し異なるかもしれませんが、旧約聖書には、預言者といわれる方が、王族の夢を解いて、神さまからのメッセージだと伝えています。奇跡的な内容の多い聖書のなかでも、夢についての記述がい …

姓名の不思議と奇跡(不思議な運や奇跡の話)

  姓名判断は、自分自身を客観的に占うことができますし、未来の運気のおおよそもを知ることができる、優れた占いです。改名をされて運気が上向いてきたという方も多くおられるようです。   …

月の運行(不思議な運や奇跡の話)

  明治時代以前までは日本は太陰暦、月の運行で暦が運用されていました。 その内容は多岐に渡り農業の種まきから布団の虫干しの日まで決まっており、人間にとって健康的な生活が営めるように一つの指針 …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.