奇跡を信じて未来を変える方法

未来を変えるには奇跡を信じる事から始まります。成功者はみんな奇跡を信じることから始めました。

月の運行(不思議な運や奇跡の話)

 

明治時代以前までは日本は太陰暦、月の運行で暦が運用されていました。

その内容は多岐に渡り農業の種まきから布団の虫干しの日まで決まっており、人間にとって健康的な生活が営めるように一つの指針とされていたのです。

これは占いと言うより伝承のマニュアルと言うのが正しい言い方かもしれません。

 

 

 

 

月の不思議

 

女性の生理周期と月の満ち欠けは同じサイクルを巡っています。

同様に農作物も新月に種まきをするといいサイクルで発芽し成長がいいと言います。

他にも神社やお寺を建立する際に使用する材木を伐採するのも新月がいいと言われ「新月伐採」は木が腐らないと言われています。

これらのことは占いと言うよりやはり古くからの伝承になると思います。

 

 

事故の起きやすいとき

 

月の満ち欠けは交通事故の発生とも影響があります。

交通事故が増えるのは満月の時です。

兵庫県警はそのために満月カレンダーを配って交通事故をの注意を促しています。

また潮の満ち引きでも満月は大きな影響を及ぼすために漁師は特に注意したと言われています。

満月時は海面が4m以上も上昇したりするので大潮と重なると大きな災害になることもあり注意深く行動することを促されていました。

 

 

狼男が現れるとき

 

狼男が変身するのは「満月」と決まっています。

この満月が狼男の中にある「オオカミ」の血を活性化させて変身させてしまうと言われているのです。

想像上の怪物でさえの満ち欠けに影響を受けているのですからの影響も単なる迷信ではないのではないかと思います。

 

 

人間の肉体になにが起こるのか?

 

医学的に月の満ち欠けが人間の肉体に及ぼす影響をアメリカの大学が調査したことが在りました。

それは単なる引力の変化だけではなく耳と神経の繋がりが一時的に変化することが分かっています。

通常は右耳と左脳が繋がり、左耳と右脳が繋がっています。

それが満月を挟んで前後数時間は右耳は右脳と左耳は左能と繋がってしまうのです。

そのため左右の判断が混乱し事故などを誘発するのではないか?と言う仮説まで生まれたのです。

 

 

月の運行を上手に活かしてより良い暮らしを

 

月の満ち欠けはさまざまな自然界への影響を及ぼします。

農業、漁業、海運、交通などその範囲は広大です。また占いにももちろんつかわれることですからその運行を活かしてより幸せな選択が出来るようにしましょう。

きっと想像もつかないレベルで私たちの生活は月の運行の影響を受けていることに気がつくことでしょう。

 

 







-本当にあった話
-, , , , , , , , , , , ,

関連記事

未来は変わるもの?変えられるもの?(不思議な運や奇跡の話)

    天体科学者の方がなんどか臨死体験をされたときの話によると、世界のみっつの近未来がみえたといいます。 ひとつは大きく鮮明に、もうひとつはやや小さく、ややぼんやりと、残りのひと …

広島の厳島神社のおみくじ(不思議な運や奇跡の話)

  元々のおみくじは、国の祭事や政治、後継者を定めるためにつかわれた「クジ」が由来だとされています。神仏のメッセージをお聞きするもので、現在のようなさまざまなことを占うおみくじを考案したのが …

姓名の不思議と奇跡(不思議な運や奇跡の話)

  姓名判断は、自分自身を客観的に占うことができますし、未来の運気のおおよそもを知ることができる、優れた占いです。改名をされて運気が上向いてきたという方も多くおられるようです。   …

「相性について」(占いに関する話)

相性は、姓名判断のある先生がお話している、「相性とはつくりあげていくものである」というお言葉に尽きるように思います。           Conten …

「宿曜占星術の相性占い」(占いに関する話)

空海が、日本に密教の仏典を持ち帰ったなかのひとつが宿曜経です。 宿曜占星術は、真言密教の経典である「宿曜経」の名前に由来しています。 未来を占うこと、人間関係を占うこと、自分自身の個性、適性も知ること …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.