奇跡を信じて未来を変える方法

未来を変えるには奇跡を信じる事から始まります。成功者はみんな奇跡を信じることから始めました。

開運の意外な秘訣(未来を変えるきっかけ)

 

経済人やアスリートの方、芸能関係の方で、大きな成功をおさめている方は「運」というものを大切にされています。イチロー選手などがバッターボックスで毎打席、同じ動きをするのも「運」が良かった時の動きを再現すると言う「ルーティーン」と言うモーションを行なっているのです。

 

 

有名人が信じる「運」

金メダリストの荒川静香さんがテレビのインタビューで答えていたさい、リンピックでよい成績を残すために必要なことは、日頃の練習、努力、才能、そして運です」とお話されていました。

 

大物になるには「運」が必要?

元総理大臣の小泉純一郎さんは、「総理大臣になるためには運が必要」と、お話されています。

萩本欽一さんのエピソードも不思議なものに思えるものです。
テレビの出演者を決めるときには、複数いる場合、いちど全員を帰して、しばらくしてから家に電話をかけて最初に本人がでた人を選ぶのだそうです。出演者として選ばれるのは奇跡のようなものだったと思います。
あるいは、最終的にはジャンケンで決めることもあるそうです。「運」をたいへん大切にされている萩本さんの考え方は、長く芸能界で生きてきた結果、「運」がどれくらい大事なのかを実感されているからなのでしょう。

 

「運」がないと言う「幸運?」

萩本さんは、萩本ファミリーといわれている芸能人と会うたびに、「なにかいいことがあったか?」と尋ねるのだそうです。
「なにもいいことがありません」と答えると、萩本さんは笑顔になって喜ぶのだそうです。
その理由は、仕事以外のことで幸運なことがあると、運を使い果たして、仕事運もなくなるからだというのだそうです。
彼女をつくると運気が落ちるからつくるな、というアドバイスも聞いたことがあるそうです。

 

運が無い時は?

占いをされて、運気が低迷しているとわかったときには、内部充実、充電、未来に向けての準備に徹するのがベターなのですが、うまくいかないときほど動きたがる、新しくはじめたくなるので、よけいに傷口を広げてしまいます。

 

必ず運は変わって行く

誰であれ、生涯、順風満帆ということはないでしょう。
誰でも運気のバイオリズムは季節の如くに移りゆきます。

いちばん暗い時は夜明けがまぢか。
冬来たりなば春遠からじ。
逆に、幸運なときほど慎重に。太る豚は幸せではない、という諺もあります。







-本当にあった話
-, , , , , , , , ,

関連記事

「宿曜占星術の相性占い」(占いに関する話)

空海が、日本に密教の仏典を持ち帰ったなかのひとつが宿曜経です。 宿曜占星術は、真言密教の経典である「宿曜経」の名前に由来しています。 未来を占うこと、人間関係を占うこと、自分自身の個性、適性も知ること …

「よい運とは?」(不思議な運や奇跡の話)

  究極的にいえば、「よい運」も「悪い運」もないのかもしれません。 それはこの世界の出来事というもの、人生は「万事塞翁が馬」だと思うからです。     Contents1 …

「秘伝元空占術」(占いに関する話)

    算数命の天中殺が日本じゅうを騒がせていた頃、内藤文穏先生著「秘伝元空占術 天中殺は怖くない」というタイトルの本が潮文社さまから出版されました。 少々、難しい本でしたが、占い …

おみくじを引く前に(占いに関する話)

    お正月や何かのお参りの時に神社やお寺でおみくじを引く方は多いと思います。 その際にただお金を入れておみくじを引いている人がほとんどなのではないでしょうか? 本日はそんなおみ …

「死の予感」(不思議な運や奇跡の話)

知人から聞いたお話です。 知人の知り合いの青年が、20代で車の事故によって亡くなられたのだそうです。 その青年は、一年前くらいから、来年のことや将来のことを思ったり、考えられなくなっていたそうです。青 …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.