奇跡を信じて未来を変える方法

未来を変えるには奇跡を信じる事から始まります。成功者はみんな奇跡を信じることから始めました。

開運の意外な秘訣(未来を変えるきっかけ)

 

経済人やアスリートの方、芸能関係の方で、大きな成功をおさめている方は「運」というものを大切にされています。イチロー選手などがバッターボックスで毎打席、同じ動きをするのも「運」が良かった時の動きを再現すると言う「ルーティーン」と言うモーションを行なっているのです。

 

 

有名人が信じる「運」

金メダリストの荒川静香さんがテレビのインタビューで答えていたさい、リンピックでよい成績を残すために必要なことは、日頃の練習、努力、才能、そして運です」とお話されていました。

 

大物になるには「運」が必要?

元総理大臣の小泉純一郎さんは、「総理大臣になるためには運が必要」と、お話されています。

萩本欽一さんのエピソードも不思議なものに思えるものです。
テレビの出演者を決めるときには、複数いる場合、いちど全員を帰して、しばらくしてから家に電話をかけて最初に本人がでた人を選ぶのだそうです。出演者として選ばれるのは奇跡のようなものだったと思います。
あるいは、最終的にはジャンケンで決めることもあるそうです。「運」をたいへん大切にされている萩本さんの考え方は、長く芸能界で生きてきた結果、「運」がどれくらい大事なのかを実感されているからなのでしょう。

 

「運」がないと言う「幸運?」

萩本さんは、萩本ファミリーといわれている芸能人と会うたびに、「なにかいいことがあったか?」と尋ねるのだそうです。
「なにもいいことがありません」と答えると、萩本さんは笑顔になって喜ぶのだそうです。
その理由は、仕事以外のことで幸運なことがあると、運を使い果たして、仕事運もなくなるからだというのだそうです。
彼女をつくると運気が落ちるからつくるな、というアドバイスも聞いたことがあるそうです。

 

運が無い時は?

占いをされて、運気が低迷しているとわかったときには、内部充実、充電、未来に向けての準備に徹するのがベターなのですが、うまくいかないときほど動きたがる、新しくはじめたくなるので、よけいに傷口を広げてしまいます。

 

必ず運は変わって行く

誰であれ、生涯、順風満帆ということはないでしょう。
誰でも運気のバイオリズムは季節の如くに移りゆきます。

いちばん暗い時は夜明けがまぢか。
冬来たりなば春遠からじ。
逆に、幸運なときほど慎重に。太る豚は幸せではない、という諺もあります。







-本当にあった話
-, , , , , , , , ,

関連記事

姓名判断の不思議(占いに関する話)

  姓名判断は古来からとても良く当たる占術とされ、不運を払う第一歩は名前を変えることであるとさえ言われて来ました。 事実、戦国武将などはその出世に合わせて次々と名前を変えて新しい運命を手中に …

月の運行(不思議な運や奇跡の話)

  明治時代以前までは日本は太陰暦、月の運行で暦が運用されていました。 その内容は多岐に渡り農業の種まきから布団の虫干しの日まで決まっており、人間にとって健康的な生活が営めるように一つの指針 …

「運命を変えしもの」(未来を変えるきっかけ)

  もともと私は「運命」というものが本当にあるのだろうか? そのことを確かめたい。それが占いを学ぶ動機でした。 変えようもない運命など、あってはならない、今でもそう信じています。 &nbsp …

不思議な電話占い(占いに関する話)

  占いに関する話2 電話は相談者とのつながりを短時間で築ける占い方法です。 対面鑑定では、相談者が緊張して、ときにはうまく気持ちや相談内容を伝えきれないこともあります。 メール占いでは時間 …

先祖を信じること(不思議な運や奇跡の話)

            よく「先祖霊が祟る」とか「先祖に恨まれる」などと言う話を聞きます。 怖いことと思うかもしれませんが、一概には決められ …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.