奇跡を信じて未来を変える方法

未来を変えるには奇跡を信じる事から始まります。成功者はみんな奇跡を信じることから始めました。

「相性について」(占いに関する話)

相性は、姓名判断のある先生がお話している、相性とはつくりあげていくものであるというお言葉に尽きるように思います。

 

 

 

 

 

「相性は創って行くものである」と知る?

 

相性の見方として、四柱推命などでいわれる、「陰陽」と「五行」の法則、助け助けられるというものがあります。また、おなじ世界を共有しているとおたがいの心をわかちあえるということもあります。しかし、相性とは創造するものであるということをわかったうえで、占いをしたほうが楽しくなれると思います。たとえ、相性が悪くでたとしても、気にされることはまったくないと思います。

 

 

相生相克

 

たとえば、アバウトにいえば、木は火に力を抜かれ、金から傷つけられる、という相性になります。けれども、木は金によって守られることもあります。

紙幣というものはもともとは木から作られたものですが、金庫にて守られています。

また、木は太陽の「火」によって成長しているわけです。

 

 

運命のもつもの

 

四柱推命でも、さまざまな相性の見方がありますが、相性がよくても惹かれないこともありますし、相性がよいから、かならずしも幸せな関係を結ぶことができるとはいえないものだと思っております。

 

 

成長のための相性

 

相性とは不思議なもので、人の喜怒哀楽をもたらすものですが、人としての成長となるものでもあります。それぞれの個性が相性になります。さまざまな個性があるからこそ、今の世界、社会が築かれ、未来を形作り、ときとして奇跡的な出会いとなり、その方のお陰で成功するというサクセスストーリーも生まれていくものだと思います。

 

 







-本当にあった話
-, , , , , , , ,

関連記事

月の運行(不思議な運や奇跡の話)

  明治時代以前までは日本は太陰暦、月の運行で暦が運用されていました。 その内容は多岐に渡り農業の種まきから布団の虫干しの日まで決まっており、人間にとって健康的な生活が営めるように一つの指針 …

「前世占いのリリト占星術」(占いに関する話)

    リリト占星術は私にとって、奇跡を感じた占いです。 リリトとは月の影ともいわれていますが、一説には、旧約聖書のアダムの最初の奥様で、イヴに知恵の実の存在を知らしめた蛇としても …

おみくじを引く前に(占いに関する話)

    お正月や何かのお参りの時に神社やお寺でおみくじを引く方は多いと思います。 その際にただお金を入れておみくじを引いている人がほとんどなのではないでしょうか? 本日はそんなおみ …

「死の予感」(不思議な運や奇跡の話)

知人から聞いたお話です。 知人の知り合いの青年が、20代で車の事故によって亡くなられたのだそうです。 その青年は、一年前くらいから、来年のことや将来のことを思ったり、考えられなくなっていたそうです。青 …

低い運気のときの考え方(占いに関する話)

  占い相談を受けていますと、運気がダウンしていく年や月にはいると、不思議と自然に、後に自分自身にとってネガティブな人と出会いがある。なぜか凶方位にいくことが多くなるなどの、自分自身のツキを …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.