奇跡を信じて未来を変える方法

未来を変えるには奇跡を信じる事から始まります。成功者はみんな奇跡を信じることから始めました。

未来は変わるもの?変えられるもの?(不思議な運や奇跡の話)

 

 

天体科学者の方がなんどか臨死体験をされたときの話によると、世界のみっつの近未来がみえたといいます。

ひとつは大きく鮮明に、もうひとつはやや小さく、ややぼんやりと、残りのひとつはさらに小さくさらにぼやけてみえたといいます。

とても不思議なお話です。

 

その科学者のお話では、大きくみえたものがいちばん可能性のある未来で、やや小さくみえたものはつぎに可能性がある未来、そして小さくみえたものは三つ目に可能性のある未来なのだそうです。

 

未来は確定していない!!

 

未来は確定していないのだと思えたお話でした。

未来はそのときどきの選択と強い意志によって変わっていくものだともいわれています。

まさに人の心の力は未来を変えていく、未来をつくりあげていくものなのだと思います。

 

 

父の運命が変わる瞬間

数年前に、父が脳梗塞で倒れました。

父が倒れる数時間まえに、うえから死神が降りてくるのがみえました。とはいえ、実際は私の死神のイメージで、ほかの方がみえたらまた別の姿にみえたことでしょう。

 

占いが教えてくれたその時の運命

占いますと父が天に召されるとでました。

その数時間後に、廊下で倒れて救急車に運ばれていきました。

それからすぐに、神仏への祈り、風水やさまざまな修法をしたお陰か、命はとりとめ、リハビリをへて、退院し、今に至ります。

 

あきらめること無く立ち向かおう

あきらめることなく立ち向かえば

運命は変えられる。

奇跡は起きる。

そう信じられた出来事でした。

みなさんもあきらめることなく運命を変えて頂けたらと思います。

 

 







-本当にあった話
-, , , , , ,

関連記事

「死の予感」(不思議な運や奇跡の話)

知人から聞いたお話です。 知人の知り合いの青年が、20代で車の事故によって亡くなられたのだそうです。 その青年は、一年前くらいから、来年のことや将来のことを思ったり、考えられなくなっていたそうです。青 …

月の運行(不思議な運や奇跡の話)

  明治時代以前までは日本は太陰暦、月の運行で暦が運用されていました。 その内容は多岐に渡り農業の種まきから布団の虫干しの日まで決まっており、人間にとって健康的な生活が営めるように一つの指針 …

「前世占いのリリト占星術」(占いに関する話)

    リリト占星術は私にとって、奇跡を感じた占いです。 リリトとは月の影ともいわれていますが、一説には、旧約聖書のアダムの最初の奥様で、イヴに知恵の実の存在を知らしめた蛇としても …

「美食の過多は健康と運気の大敵?」(健康と占いに関する話)

    とあるテレビ番組で、食べ放題の猿と、カロリー制限をしていた猿を観察し続ける実験で、カロリー制限をしていた猿のほうがはるかに若々しいという結果が紹介されていました。 &nbs …

「相性について」(占いに関する話)

相性は、姓名判断のある先生がお話している、「相性とはつくりあげていくものである」というお言葉に尽きるように思います。           Conten …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.