奇跡を信じて未来を変える方法

未来を変えるには奇跡を信じる事から始まります。成功者はみんな奇跡を信じることから始めました。

祈れば届く?(不思議な運や奇跡の話)

 

 

占いを学ぶなか、ただ過去や未来、相性などを知るだけでよいものかと思いました。

さまざまな開運法を知っていくなかで、風水も学びました。

開運の帝王といわれるだけあって、風水は奥の深いものです。

風水を実践していくなかで、さまざまな風水師の方の著作にもふれていくと、ほとんどの風水師の方が神社参拝をおすすめしていることがわかりました。

聖なる存在を感じる場所

 

そこで私も最初は故郷の産土神社、住んでいる土地の氏神さまにも参拝しはじめた頃でした。

風水師の方たちがおすすめしてはいましたが、人の建てた建物に聖なる存在がおられるとは信じてはいませんでした。地磁気が高く、心身が癒される土地に神社が建てられていることもあり、気持ち的には真剣さがなかったように思います。

 

危機が迫る時

 

そんなある日、地域の山にある神社にいってみようと思い立ち、里宮に参拝したのち、山の頂上にある奥宮にいくために登山をはじめました。登山するには午後3時過ぎで遅かったこともありますが、頂上についた頃にはまわりは少し薄暗くなっていました。奥宮をさがしましたがみつかりません。ただ、小学生くらいの少年の写真が、お墓のようなものにとりつけられた、プラスチックのなかに組み込まれていました。この山で不慮の事故でもあったのかと思いました。後に、台風によって奥宮が吹き飛ばされていたことがわかりました。

 

あきらめて下山していくなかで、ついに登山道もみえないほど暗闇に包まれました。

その山は中級者レベルの山でした。整備された登山道ではなく、獣道みたいな道で、ときには壁もよじ登っていく場所もありました。

 

その後、一瞬の気のゆるみで山から転げ落ちました。そのさいスニーカーの片方が脱げ、どこにいったかわからなくなりました。山の獣たちの鳴き声が聞こえてきます。

 

祈りが届いた?

 

私はとにかく真剣に神さまに対して、無事、下山できるようにと祈りました。すると、不思議なことに、道の両側に、麓のほうまでいくつもの淡い光が灯ったのです。9月ですので蛍ではありません。まさに奇跡がおきたのだと思いました。私はその光をたよりに無事、下山をすることができました。

 

感謝の心を忘れずに

 

そして里宮に無事、下山できたことをお礼しようと神社をみると、古い服装をした夫婦のような二人が、金色に光って私をみているようでした。私は近づきがたい畏れを感じて、遠くからお礼をし、我が家に帰ってきたのでした。







-本当にあった話
-, , , , , , , , ,

関連記事

「運命を変えしもの」(未来を変えるきっかけ)

  もともと私は「運命」というものが本当にあるのだろうか? そのことを確かめたい。それが占いを学ぶ動機でした。 変えようもない運命など、あってはならない、今でもそう信じています。 &nbsp …

「人は受け入れられてはじめて救われる」(占いに関する話)

  私は、学生時代を北海道で過ごし、手術などを経て、文字通り身も心も傷ついたままで故郷に帰ってきました。 そして運命的な出会いをしたのです。     Contents1 …

夢占いについて(占いに関する話)

  皆さんは夢をよく見る方ですか? 夢にもいろんな種類があって夢をカラーで見る人もいれば白黒で見る人思います。       Contents1 夢は人それぞれ2 …

「前世占いのリリト占星術」(占いに関する話)

    リリト占星術は私にとって、奇跡を感じた占いです。 リリトとは月の影ともいわれていますが、一説には、旧約聖書のアダムの最初の奥様で、イヴに知恵の実の存在を知らしめた蛇としても …

「宿曜占星術の相性占い」(占いに関する話)

空海が、日本に密教の仏典を持ち帰ったなかのひとつが宿曜経です。 宿曜占星術は、真言密教の経典である「宿曜経」の名前に由来しています。 未来を占うこと、人間関係を占うこと、自分自身の個性、適性も知ること …

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.